サイトアイコン コンパクトカーで楽しく走ろう!~ Run happily with a compact car! ~

ダイハツ 国内外すべて販売停止 新たに25車種の試験 174の不正発覚

125130438

どうも、Masa-00328です。

今日になって衝撃的なニュースが入りました。

軽自動車やコンパクトカー市場としては非常に重要なダイハツの車。

今まではダイハツのロッキーとトヨタのライズ、マレーシアのプロデュアのアティバの3車種だけでしたが、

今回はダイハツの車のほぼ全車種とトヨタとマツダとスバルのOEM車、

更にはトヨタのプロボックスやタウンエースまで波及する事態になってしまいました。

今回の記事は日本国内のにならず世界各国まで波及は避けられないくらい状況が酷いので英文でも書かせていただきます。

Hello, this is Masa-00328.

I received some shocking news today.

Daihatsu’s cars are very important in the light car and compact car market.

Until now, there were only three models: Daihatsu’s Rocky, Toyota’s Rise, and Malaysia’s Perodua’s Ativa,

but this time we have almost all of Daihatsu’s models, OEM cars from Toyota, Mazda, and Subaru, and even Toyota’s Probox and other models.

The situation has spread to Town Ace.

This article will be written in English as the situation is so bad that it will inevitably spread not only in Japan but also to other countries around the world.

ニュース概要 News overview

ダイハツ工業は12月20日、認証申請における不正に関する調査結果について発表。

調査の結果、4月のドアトリム不正・5月のポール側面衝突試験不正に加えて、

新たに25の試験項目において、174個の不正行為があったことが判明したと明らかにした。

不正行為が確認された車種は、

すでに生産を終了したものも含め、64車種・3エンジン(生産・開発中および生産終了車種の合計)となっており、

この中にはダイハツブランドの車種に加え、トヨタ自動車、マツダ、スバルへOEM供給をしている車種も含まれているとのこと。

News overview

On December 20, Daihatsu Motor Co., Ltd. announced the results of an investigation into fraud in certification applications.
As a result of the investigation, it was revealed that in addition to the door trim fraud in April and the pole side collision test fraud in May, there were 174 new irregularities in 25 test items.
The number of vehicle models in which fraudulent activity was confirmed is 64 vehicle models and 3 engines (total of vehicles currently in production/development and models whose production has ended), including vehicles whose production has already ended. It also includes models supplied on an OEM basis to Toyota, Mazda, and Subaru.

これにより、同日付で現在国内外で生産中の全てのダイハツ開発車種の出荷を一旦停止することを決定。

今後、国土交通省をはじめ、各国の関係当局に報告・相談の上、必要な対応を進めていくとした。

また、第三者委員会の調査の過程で、不正の恐れのある車種について、

第三者委員会より一部情報提供を受け、ダイハツとして、安全性能・環境性能が法規基準を満たしているか、1つひとつ社内で技術検証・実車試験などを行ない確認をしたとのこと。

その調査の最終段階で、

As a result, we have decided to temporarily suspend shipments of all Daihatsu developed models currently in production in Japan and overseas on the same date.
The company will continue to report and consult with the relevant authorities in each country, including the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, and take necessary measures.
In addition, during the investigation process by the third-party committee, the
After receiving some information from a third-party committee,
Daihatsu has conducted in-house technical verification and actual vehicle tests to ensure that safety and environmental performance meet legal standards. At the final stage of the investigation,

ダイハツ「ムーヴ」

Daihatsu “Move”

ダイハツ「キャスト」/トヨタ「ピクシスジョイ」

Daihatsu “Cast”/Toyota “Pixis Joy”

ダイハツ「グランマックス」/トヨタ「タウンエース」/マツダ「ボンゴ」

Daihatsu “Gran Max” / Toyota “Town Ace” / Mazda “Bongo”

のエアバッグに関する試験において、量産品と同じ「エアバッグ展開コンピューター(ECU)」が使われていなかったという不正が判明。

技術検証を行ない、エアバッグに関する乗員保護性能に問題はなかったものの、検証を行なう中で、キャスト/ピクシスジョイの側面衝突試験における「乗員救出性に関する安全性能(ドアロック解除)」が法規に適合していない可能性も判明した。

現時点で、本件に関係する事故情報は把握していないというが、徹底した技術検証と原因究明を行ない、速やかに必要な対応を実施していくとした。

そのほかの事案については、法規が定める性能基準を満たしていることは確認するとともに、

検証結果・プロセスの妥当性についても、第三者認証機関である「テュフ・ラインランド・ジャパン」が確認しているとのこと。

In testing of airbags, it was discovered that the same “airbag deployment computer (ECU)” that was used in mass-produced products was not used. Although technical verification was conducted and there were no problems with the occupant protection performance of airbags, during the verification, it was determined that the “safety performance related to occupant rescue (door unlocking)” of Cast/Pixis Joy in side collision tests complied with regulations. It turns out that there is a possibility that they did not. At this time, the company says it is not aware of any accident information related to this incident, but will conduct a thorough technical verification and investigation to determine the cause, and will promptly take necessary measures.
Regarding other cases, we confirm that they meet the performance standards stipulated by laws and regulations, and the validity of the verification results and processes are confirmed by TÜV Rheinland Japan, a third-party certification body. It is said that there is.

メーカー側のコメント Comments from the manufacturer

ダイハツは「『認証』とは、お客さまに安心してクルマにお乗りいただくためのさまざまな基準を満たしているかを、あらかじめ国に審査・確認いただくものであり、認証の適切な取得は、自動車メーカーとして事業を行なう前提であると考えております。

今回、その認証を軽視していると指摘されてもやむを得ない行為が行なわれていたこと、また、そのような行為が行なわれる環境を生み出してしまったことの責任は経営陣にあります。

自動車メーカーとしての根幹を揺るがす事態であると、大変重く受け止めております。

今後、第三者委員会の提言も踏まえ、再発防止を徹底し、認証業務の見直しに留まらず、コンプライアンス意識を第一とした企業風土への抜本的な改革に取り組んでまいります。

ステークホルダーの皆さまの信頼を取り戻し、今一度、日本の国土・道にあった『国民の足』を提供できるメーカーとなるべく、トヨタから全面的な支援を受けながら、会社再生に向け、全社を挙げて取り組んでまいります」としている。

Daihatsu says, “Certification is a process in which the government examines and confirms in advance whether various standards have been met to allow customers to ride their cars with peace of mind. We believe that this is a prerequisite for conducting business.
In this case, even though it was pointed out that the company was disrespecting the certification, the company was unavoidably committed, and the management team is responsible for creating the environment in which such actions were carried out.
We take this situation very seriously, as it threatens to shake our very foundation as an automobile manufacturer. Going forward, based on the recommendations of the third-party committee, we will take thorough measures to prevent recurrence, and will not only review our certification operations, but also work on fundamental reforms to our corporate culture that prioritize compliance awareness.
In order to regain the trust of our stakeholders and once again become a manufacturer that can provide “people’s transportation” that is suitable for Japan’s land and roads, we are working together as a company to revitalize the company while receiving full support from Toyota. We will continue to work on it.”

Car watchより引用 Quoted from Car watch

ダイハツ、認証申請における不正に関する調査結果公表 新たに25の試験項目で174個の不正行為が判明し、すべての車種で出荷を一時停止
ダイハツ工業は12月20日、認証申請における不正に関する調査結果について発表。調査の結果、4月のドアトリム不正・5月のポール側面衝突試験不正に加えて、新たに25の試験項目において、174個の不正行為があったことが判明したと明らかにした。

では、不正が判明した生産中の日本国内向け車種は? So, what kind of car models are being produced for Japan that were found to be fraudulent?

不正が判明した車種のうち、現在も生産されている日本国内向け車種は、以下の28車種/1エンジン。

Among the car models that were found to be fraudulent, the following 28 car models/one engine are still being produced for the Japanese market.

ダイハツ・ミライース
トヨタ・ピクシス エポック
スバル・プレオプラス
ダイハツ・タント
スバル・シフォン
ダイハツ・タフト
ダイハツ・ムーヴキャンバス
ダイハツ・コペン
トヨタ・コペン
ダイハツ・ハイゼットカーゴ(デッキバン含む)
ダイハツ・アトレー(デッキバン含む)
トヨタ・ピクシス
スバル・サンバー(バン)
ダイハツ・ハイゼットトラック
トヨタ・ピクシストラック
スバル・サンバートラック
ダイハツ・ロッキー
トヨタ・ライズ
スバル・レックス
ダイハツ・トール
トヨタ・ルーミー(過去にタンクの名称でも販売されていた)
スバル・ジャスティ
ダイハツ・グランマックス
トヨタ・タウンエース(過去にライトエースの名称でも販売されていた)
マツダ・ボンゴ
トヨタ・プロボックス(過去にサクシードの名称でも販売されていた)
マツダ・ファミリアバン
開発中の新型モデル1車種となる。

また、エンジンは「1KR-FE型」で、ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー、スバル「ジャスティ」に搭載されている。

daihatsu mirais
Toyota Pixis Epoch
subaru pleo plus
daihatsu tanto
subaru chiffon
Daihatsu Taft
daihatsu move canvas
Daihatsu Copen
Toyota GR Copen
Daihatsu Hijet Cargo (including deck van)
Daihatsu Atrai (including deck van)
toyota pixis
Subaru Sambar (van)
daihatsu highjet truck
toyota pixis truck
subaru sambar truck
daihatsu rocky
toyota rise
subaru rex
Daihatsu Thor
Toyota Roomy (also sold under the name Tank in the past)
subaru justy
Daihatsu Grand Max
Toyota Town Ace (also sold under the name Lite Ace in the past)
mazda bongo
Toyota Probox (also sold under the name Succeed in the past)
mazda family van
This is one of the new models currently under development.
The engine is the “1KR-FE type,” which is installed in the Daihatsu Thor, Toyota Roomy, and Subaru “Justy.”

全部今売られてるダイハツの車じゃないかよ・・・・(汗)

しかも、プロボックスまで入ってるという。

生産中の車でこのラインナップですから生産終了車、輸出、海外専売車まで波及となるとトヨタのbB(米国名Scion xB)やiQも含まれると思う。

iQも含まれるとASTON MARTINまで波及する事態になるでしょう。

Aren’t they all Daihatsu cars being sold now…(sweat)
Moreover, it even comes with a pro box.
Since this is a lineup of cars that are currently in production, I think that Toyota’s bB (Scion xB) and iQ will also be included when it comes to discontinued cars, exports, and overseas exclusive cars.
If iQ is included, the situation will spread to ASTON MARTIN Signet.

今、日本の中古市場で800万円のコンパクトカーなんですよ・・・。

Currently, it’s a compact car that costs 8 million yen on the Japanese used market…

この事態は重く受け入れなければいけない This situation must be taken seriously

ダイハツの車はスズキ車同様本当の意味で日本庶民や自営業者の味方と言っても過言ではないメーカーで

コペンやミゼットⅡいう楽しい名車も出てきたほどなんですがね・・・。

It would be no exaggeration to say that Daihatsu cars, like Suzuki cars, are truly allies to the Japanese common people and self-employed people, and they even produced fun famous cars such as the Copen and Midget II.

実は初代コペンは環境さえ許せばですが欲しい車のⅠ台なんですよ。

それが会社の杜撰な管理体制によってこんな事態になったのは非常に残念ですね。

ダイハツはこの事態を重くみてまた新たな車作りをしてもらいたいもんです。

In fact, the first-generation Copen is one of the cars I would like to own, if the environment allows.

It is extremely unfortunate that this situation has arisen due to the company’s sloppy management system.

I hope Daihatsu takes this situation seriously and starts making new cars.


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 

投稿者プロフィール

Masa-0328
Masa-0328です。
5年ほどトヨタのKP61、AE86、AE92と経てスバル車へ。
GC8インプレッサWRXを2台。BL5レガシィ2.0Rと所有して今現在はスズキスイフト1200ハイブリッドAWDに乗っています。
本ブログでは、愛車の整備記録と気になる新車情報、車関連ニュース。
新車、代車試乗インプレッションを中心に投稿したいと思います。
モバイルバージョンを終了