ダイハツ 国内外すべて販売停止 新たに25車種の試験 174の不正発覚

ダイハツ
スポンサーリンク

125130438

どうも、Masa-00328です。

今日になって衝撃的なニュースが入りました。

軽自動車やコンパクトカー市場としては非常に重要なダイハツの車。

今まではダイハツのロッキーとトヨタのライズ、マレーシアのプロデュアのアティバの3車種だけでしたが、

今回はダイハツの車のほぼ全車種とトヨタとマツダとスバルのOEM車、

更にはトヨタのプロボックスやタウンエースまで波及する事態になってしまいました。

今回の記事は日本国内のにならず世界各国まで波及は避けられないくらい状況が酷いので英文でも書かせていただきます。

Hello, this is Masa-00328.

I received some shocking news today.

Daihatsu’s cars are very important in the light car and compact car market.

Until now, there were only three models: Daihatsu’s Rocky, Toyota’s Rise, and Malaysia’s Perodua’s Ativa,

but this time we have almost all of Daihatsu’s models, OEM cars from Toyota, Mazda, and Subaru, and even Toyota’s Probox and other models.

The situation has spread to Town Ace.

This article will be written in English as the situation is so bad that it will inevitably spread not only in Japan but also to other countries around the world.

ニュース概要 News overview

ダイハツ工業は12月20日、認証申請における不正に関する調査結果について発表。

調査の結果、4月のドアトリム不正・5月のポール側面衝突試験不正に加えて、

新たに25の試験項目において、174個の不正行為があったことが判明したと明らかにした。

不正行為が確認された車種は、

すでに生産を終了したものも含め、64車種・3エンジン(生産・開発中および生産終了車種の合計)となっており、

この中にはダイハツブランドの車種に加え、トヨタ自動車、マツダ、スバルへOEM供給をしている車種も含まれているとのこと。

News overview

On December 20, Daihatsu Motor Co., Ltd. announced the results of an investigation into fraud in certification applications.
As a result of the investigation, it was revealed that in addition to the door trim fraud in April and the pole side collision test fraud in May, there were 174 new irregularities in 25 test items.
The number of vehicle models in which fraudulent activity was confirmed is 64 vehicle models and 3 engines (total of vehicles currently in production/development and models whose production has ended), including vehicles whose production has already ended. It also includes models supplied on an OEM basis to Toyota, Mazda, and Subaru.

これにより、同日付で現在国内外で生産中の全てのダイハツ開発車種の出荷を一旦停止することを決定。

今後、国土交通省をはじめ、各国の関係当局に報告・相談の上、必要な対応を進めていくとした。

また、第三者委員会の調査の過程で、不正の恐れのある車種について、

第三者委員会より一部情報提供を受け、ダイハツとして、安全性能・環境性能が法規基準を満たしているか、1つひとつ社内で技術検証・実車試験などを行ない確認をしたとのこと。

その調査の最終段階で、

As a result, we have decided to temporarily suspend shipments of all Daihatsu developed models currently in production in Japan and overseas on the same date.
The company will continue to report and consult with the relevant authorities in each country, including the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, and take necessary measures.
In addition, during the investigation process by the third-party committee, the
After receiving some information from a third-party committee,
Daihatsu has conducted in-house technical verification and actual vehicle tests to ensure that safety and environmental performance meet legal standards. At the final stage of the investigation,

ダイハツ「ムーヴ」

Daihatsu “Move”

Photo 1

ダイハツ「キャスト」/トヨタ「ピクシスジョイ」

Daihatsu “Cast”/Toyota “Pixis Joy”

Photo 1 1

ダイハツ「グランマックス」/トヨタ「タウンエース」/マツダ「ボンゴ」

Daihatsu “Gran Max” / Toyota “Town Ace” / Mazda “Bongo”

UZ0043513703 001L

のエアバッグに関する試験において、量産品と同じ「エアバッグ展開コンピューター(ECU)」が使われていなかったという不正が判明。

コメント