スイフトスポーツにマイルドハイブリッドが追加?

スイフトスポーツにマイルドハイブリッドが追加される?

安くて速くかつ走って楽しい。正に日本車の逸材と言っても過言でもない車の1台と言えるスイフトスポーツ。

そのスイフトスポーツにマイルドハイブリッドが追加されるとの話が出ています。

イギリスのジムニーの記事より

スズキ(Suzuki)の英国部門は1月24日、欧州での『ジムニー』(日本名:『ジムニー シエラ』に相当)の将来に関する一部メディアの憶測と報道に対して、「ジムニーが2020年内、少量ではあるものの、英国向けに継続販売されることを確認した」と発表した。

スズキは2018年後半、新型ジムニーの欧州発表に合わせて、「新型のCO2排出レベルが高くなると、2020年以降のヨーロッパにおける企業別平均CO2排出量に悪影響を与える」と発表していた。

スズキは、この企業別平均CO2排出量を削減し、燃費をさらに改善するために、欧州向けの『スイフトスポーツ』、『ヴィターラ』(日本名:『エスクード』)に相当)、『S-クロス』(日本名:『SX4 Sクロス』に相当)の3車種に、48ボルトのマイルドハイブリッドテクノロジーを導入する。

スズキは12ボルトのマイルドハイブリッドテクノロジーを2016年に欧州市場に投入。2020年の春からは、『イグニス』と『スイフト』の全ての欧州仕様車に、12ボルトのマイルドハイブリッドが標準装備される予定だ。

なお、スズキの英国部門は、すでに新型ジムニーを注文した顧客への納車分を確保するために、あらゆる努力を払う、としている。

この記事はジムニーの生産とそれに伴うco2削減についての記事ですが、その中にスイフトスポーツエスクード1400ターボについても書かれています。

スズキのマイルドハイブリッド

スズキのマイルドハイブリッドは大雑把に分けて2種類あります。

一つはスイフトやイグニスのあくまでエンジン出力の補助的な役目のタイプ。

もう一つはワゴンRやスペーシア、ハスラーの補助的役目をしつつ上下時速10km/hまではEV走行で補うタイプです。

これらは共に12Vのタイプです。

補足でマツダの車になりますが、CX-30と3のスカイアクティブXモデルは24Vタイプです。

欧州車は48Vのマイルドハイブリッドが主流

今販売されてる欧州車には48Vタイプのマイルドハイブリッドが主流になっています。

メルセデス・ベンツCクラス

アウディA6

レンジローバーイヴォーク

AMG GTといったハイパーカーでさえマイルドハイブリッドを搭載しています。

co2削減は相当な問題 これを現状クリア出来るのがマイルドハイブリッド

これにはやはりco2削減というのが絡んでおります。

今販売してる車をいきなりEV化なんて無理ですしかと言ってそのまま販売も出来ない。

トヨタのハイブリッドシステムを取り入れればいいかもしれないけどコストと重量などの面もあるでしょう。

そこで車のパフォーマンスを損ねずかつコストに優しいマイルドハイブリッドなんですよ。

これなら低速域なら電気アシスト出来るし高速域ならエンジンパフォーマンスも活かせる。それでいて減速時に充電も出来る。

これなら環境に配慮しつつパフォーマンスも維持出来るといった意外な画期的なシステムなんです。

スイフトスポーツのハイブリッドはどうなるの?

スイフトスポーツのハイブリッドはどうなるのと思うでしょうが、割と簡単です。

既にスイフト、イグニス、クロスビーに積まれてますので搭載は容易です。

ただ、48V仕様となると上記3車種や軽自動車の12Vタイプとは違ってくるかもしれません。

そうはいっても今年の冬か年明けには販売されるでしょう。

ただ、日本仕様で積まれるのはAT車のみになると思います。

MT車にはスイフトでさえ採用されてませんから。

※欧州仕様にはMTもある。

なので、MT車は今まで通りになるでしょう。

サーキット派や改造派にはありがたいでしょうが(汗)

このスイフトスポーツハイブリッドは日本でも売る可能性があるでしょうから期待してもいいと思います。その頃にはスイフトもマイナーチェンジされる頃なのとヤリスやフィットも新型になったので何らかの仕掛けはあるでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました