あのフォレスターXTの再来?現行型フォレスターにターボモデルが復活!!

スポンサーリンク

速いSUV車の先駆けだったフォレスター

スバルのフォレスターも気づけば5代目。

初代からターボユニットを搭載しSTIモデルも登場するほど日本製のハイパーSUVの先駆けといってもいいSUV車です。

初代STI

 

2代目STI

特に2代目のSG型のインパクトは当時は絶大でした。

2500CCのEJ25を搭載しGD系インプレッサと共通のシャシーを有効利用して足廻りをチューンナップしてブレーキもフロント4pot、リアが2potブレーキに。

更にミッションは6MTのみという傾きに傾いた車でした。

3代目のSH型は更にSUV風になりましたがしっかりターボモデルはありました。

4代目からEJ系からFA型に。

このSJ型はミッションこそCVTですがユニットが300馬力でアイサイト等の先進装備が標準にも関わらず値段も安く”X-MODE”という悪路での走破性得化型の機能を備えていながら300万円ほどで買えるというコストパフォーマンスが相当高い車でした。

マニアック向けに2000CCのNA車ですが6速MTもありましたね。

しかし・・・

 

スポンサーリンク

5代目でターボモデルが消えた

 

5代目になり一番の変更点。

いや、該存のユーザーを切ったといってもいい変更点。