スズキ・クロスビーを2泊3日乗り回した感想

SUV

どうも、

masa-00328(@Masa00328)さん / Twitter

です。

今回はスイフトの点検と修理の為代車をお借りすることになりました。

どうせまたいつものスペーシアだろ…と思いきや少々気にはなってたクロスビーをお借りする事に!

IMG 1374

そんなこんなでクロスビーを3日乗り回して使い倒しての感想とここがいい点とここは要改善な点を今回は”Chat GPT”も併用して紹介したいと思います。

クロスビーはこんな車

スズキのクロスビーは、コンパクトなクロスオーバーSUVです。

この車は、都市部での使いやすさとスタイリッシュな外観を特徴としています。クロスビーは、スズキのイグニスというモデルをベースにしており、コンパクトなサイズながらも広い室内空間を提供しています。

また、燃費の良さや安全性能の向上にも力を入れて設計されています。

クロスビーは、スズキのクルマのラインナップの中で、都市型SUVとして人気があります。

人気はあるかどうかは別としてChat GPTではこう書かれています。

まずは外観からです。

クロスビーの外観

クロスビーの外観は、スタイリッシュでユニークなデザインが特徴的です。

コンパクトなクロスオーバーSUVとして、都市部での使いやすさと個性を追求した外観となっています。

フロントグリルやヘッドライトなどのデザイン要素は、スズキの最新のデザイン言語に基づいており、ダイナミックでアグレッシブな印象を与えます。

また、ボディのプロポーションはバランスが取れており、スポーティさとエレガンスが融合しています。

クロスビーは、他の車とは一線を画する独自の外観で、街中でも目を引く存在となることでしょう。

Chat GPTではこう表現されていますが、見た感じは旧型ハスラーのデカい車的なイメージは否めないですね。

01 im0000002768

特にフロント周りはハスラーだといえばそう聞こえてしまう。

IMG 1343

IMG 1376

IMG 1362

IMG 1363

IMG 1402

IMG 1401

後、中途半端にグリルとライト、テール周りにメッキモールを無駄に使ってるのも余計”デカいハスラー”感は拭えないのは事実でしょうね。

次は内装です。

クロスビーの内装

クロスビーの内装は、洗練されたデザインと機能性が特徴です。

シンプルで使いやすいレイアウトが採用されており、ドライバーにとって操作がしやすい配置となっています。

また、クロスビーのコンパクトなボディサイズにもかかわらず、広々とした室内空間があります。

快適なシートや良質な素材の使用により、乗車時の快適性も高められています。さらに、必要な荷物を収納できるスペースや便利な収納オプションも備わっています。

全体的に、クロスビーの内装は実用性と快適性を兼ね備えた魅力的なデザインです。

Chat GPTではこう書かれていますが、豪華さは無いながらも使いやすい”道具感”

があって毎日気兼ねなしで乗り倒すのであればこれでいいまでありますね。

まずはダッシュボードから。

ダッシュボード

IMG 1379

ダッシュボードはイグニスと共通のデザインです。

IMG 1378

IMG 1383

同じクラスのヤリスクロスやCX-3のような上質かつ高級感は一切無しですが、収納も多く使い勝手はいいですね。

IMG 1347

エアコンはシングルタイプでスイッチも押しやすいデザインです。

12Vのソケット。キット交換でシガーライターに変更可能

IMG 1388

スマホ充電やApple CarPlay及びAndroid Auto接続のUSB端子。

USBはUSB-A

IMG 1389

シフト周り

IMG 1382

IMG 1348

シフトはインパネシフトで馴染みやすい触感です。

とにかく収納が多いので夜間でもわかりやすいように間接照明が欲しいところですね。

メーター回りとステアリング

メーターは何気にフルスケールなのがたまらないですね!

IMG 1344

真ん中がスピードで左側にはタコメーター。右側はインフォメーションになります。

IMG 1345

ステアリングはソリオと共通のステアリングです。

IMG 1397

シート

スズキのこの手の車と言えば初代ワゴンRからの系譜でもある”バケツ”ですがきちんとこのクロスビーにも搭載されています!

IMG 1381

IMG 1384

このバケツを外すとハイブリッド用のバッテリーがお披露目します。

IMG 1385

これだけで”電動車”になるんですから流石は究極のEVコミューターでもあるセニアカーのスズキの恐ろしいとこでしょうか。

他に、両席のシートヒーターが付いていて運転席側には肘掛けが付いてるのはいいですね!

ただ、シートのホールド感が無いのは大きな欠点ですね。

リアシート

リアシートはデフォルト状態でも充分広いですが、スライドすることでプチVIP気分も味わえます。

少しですがリクライニング機能もあってフロントシートバックにはテーブルも付いてるので軽い飲食は出来ます。

ただ、PC作業はテーブルが小さいので作業は困難かと。

無いのは冷蔵庫とシャンパンとグラスくらいでしょうか(笑)

いや、シャンパンは贅沢すぎるので庶民的にハイボールでしょうかね(笑)

IMG 1365

IMG 1369

IMG 1371

IMG 1372

リアラゲッジとリアシートを倒した状態

リアシートを倒すと完全フルフラットとは行かないまでもマットを敷けば車中泊も余裕でいけます。

まずはリアラゲッジから。

リアラゲッジ

IMG 1366

床が繊維ではなく樹脂なので濡れたものや釣り道具を積むには躊躇せずに積み込めるのは素晴らしいです。

ただ、風呂道具や普段の買い物で食料品などを積む際は予め画像のような「ラゲッジボックス」を常備しておいたほうがいいと思います。

91QHRBe++XL AC SL1500

投稿者プロフィール

Masa-0328
Masa-0328
Masa-0328です。
5年ほどトヨタのKP61、AE86、AE92と経てスバル車へ。
GC8インプレッサWRXを2台。BL5レガシィ2.0Rと所有して今現在はスズキスイフト1200ハイブリッドAWDに乗っています。
本ブログでは、愛車の整備記録と気になる新車情報、車関連ニュース。
新車、代車試乗インプレッションを中心に投稿したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました