ホンダ・アクティトラックの電球をLEDに変更

スポンサーリンク

 

軽トラの電球は旧態依然である

今の車はライトもテールもウインカーもLEDになっています。 これは、電球の寿命の長期化と省電力化でできるだけエンジンや他の動力に電気を行き渡せるためでもあります。   それと、光束がハロゲンよりも広いというメリットもあります。   しかしながら、軽トラの場合コスト面が大きな壁となって未だにすべての電球がハロゲンのままです。 最近でこそスズキのCARRYにHIDが、ダイハツのハイゼットにLEDヘッドライトが採用されましたがそれでもごく少数です。  
スポンサーリンク

ホンダのアクティはもう10年選手

  これがホンダのアクティになると現行型でも10年目になります。   その間にマイナーチェンジ等でHIDやLED化されてると思うんでしょうが、 実際は登場当時のままです。   エアコン無しの簡易グレードから最上級グレードまで。   軽自動車限定で見てもホンダのNシリーズやS660。 N VANでさえLED仕様なのに・・・。   これはイカン!ということで軽トラのアクティの電球のLED化に着手しました。    

まずは作業灯

  まずはあくまで仕事用の車ですからここを優先しないといけない。   そう、作業灯です。   作業灯をLEDにするメリットは結構あります。   メリットとしては ・夜間の積み下ろし ・夜間での作業 ・安全性の向上 とここを交換するだけでかなりの作業効率化を図れます。   購入はヤフオクで購入。  
ヤフオク! - gabugabukun25mztさんの出品リスト
  さんから購入しました。     交換は非常に簡単でカバーをマイナスドライバーで外して   電球と入れ替えるだけ。    
    これで完了。     夜間での点灯状態    
    ハロゲンと比べても光束があるから作業効率は一気に上がりました!   ついでに、荷台のアングルとステップカバーも購入して装着しています。