ZD53S スイフトRS プラグとバッテリー交換

スポンサーリンク

3年目、7万キロ到達

スイフトも所有して3年弱、距離も7万キロです。

そろそろ、リフレッシュもしないといけないのと同時に粗も出てるのでその粗も改善しないといけない時期です。

そのリフレッシュ計画の第一弾でプラグ交換を実行しました!

スポンサーリンク

使用する工具

16mmのプラグレンチ。3/8→1/4アダプター。1/4のトルクレンチ。3/8のエクステンションバー。マキタのペン型インパクトドライバー。10mmのソケット。3/8のラチェット。

画像1

プラグを外す

イグニッションコイルは10mmのボルトで留まっています。

ハーネスを固定してるボルトも10mmです。

画像2

画像3

そのままだとイグニッションコイルは外れないので、ハーネスを留めてるブラケットを切り離します。このブラケットは3箇所あります。

画像4

画像5

イグニッションコイル、ハーネスを留めてるボルト、エアフロのカプラーとハーネスのブラケットを外してようやくイグニッションコイルが外れます。

画像6

画像8

後はプラグを外すだけです。

画像7

 

 

新品のプラグと状態比較

外した点火プラグの状態と比較です。

画像9

状態と焼けは問題なし

電極の減りも少ない方でまだまだ使えそうですが、既に7万キロ、エンジンの稼働度合いも考慮すると交換するタイミングでしょうね。

新品との比較

画像10

新しいプラグを取り付け

そのままにするとゴミや埃が入ってしまうので間髪入れずに新しいプラグを取り付けます。