ブレーキの引き摺りは非常に危険です

引き摺りの本前兆

つい先日、軽トラで仕事場へ行く途中でのこと。

どうも運転席側から”キーキー”と鳴く音がしてその時はそろそろブレーキパッド交換だな・・・。と思って気長にヤフオクやAmazonでホンダのアクティのブレーキパッドを探していました。

ところが・・・。

何日か経ち今度は全然加速しないのと同時に運転席側が異常に熱い!!

ブレーキローターに至ってはタバコを近づけるとタバコに火が付いて吸えるくらいの熱さになっていました。

更に、”キーキー”と鳴く音も著しくなって・・・。

もはや運転するには危険と判断して整備工場へ。

すると・・・

予想通り運転席側のブレーキが引き摺りを起こしていました。

更に!整備記録を拝見すると・・・

全くブレーキの点検がされていない事実が!!

高齢者に多いケチな車検が仇となる

元々このアクティは私の親名義の車なんですが、

とにかくケチケチな方でかつ車検はディーラー車検に限るというどうしようもない老害です。

それにも関わらず、乗り換えは新車でキャッシュで支払うというw

まだ、この車が車検一回目ならいいでしょう。しかし、7年目となるとそうも言ってられない。

やはり、しっかり点検すべきところは点検して治すところはしっかり治すのが車に長く乗れるししっかり点検することで調子よく走れると思いますね。

このケチケチ車検は高齢者に非常に多いパターンで、費用はケチってかつオイル交換すら車検までスルー。

だけど、乗り換えは新車でキャッシュで買うもんだから色々言えないというなんとも言えない状態なんだそうです。

私の今の車もスズキのディーラーに任せていますが、しっかり点検するようにしてるし法定点検もきちんとやらせています。

症状は判明。新品のパッド、ローター。中古のキャリパーに交換

ブレーキ引き摺りの判断が出たので本来はキャリパーオーバーホールをするのが一般的です。

しかし、この車はあくまで親の車。

最短で最速で隠密にトラブルシューティングしないといけない。

タイトルとURLをコピーしました