スイフトのサイドバイザーを外す 

SUZUKI

どうも、Masa-0328です。

 

スイフトも新車で購入して早5年。走行距離も11万キロを突破して下取り0への道を謳歌してると同時に後数年は乗る予定なのでできるだけ大枚をはたかないリフレッシュも検討しています。

ここで以前から疑問が生じてた部分で「これ、いらなくね?」という部分の取り外しをようやく実行に移しました。

 

それは・・・

 

サイドバイザーです!

 

サイドバイザー

 

サイドバイザー。新車の日本車を購入すると99.8%の割合で付いてくるオプション品です。

 

日本での装着率は世界中見渡しても桁外れでヤフオク、楽天、アマゾンでもアフター品が出てくるほどです。

タバコを吸う方や窓をちょい開けしても風を取り入れる事ができて結構便利なものです。

しかし、そのタバコも加熱式の登場。

更に、クルマそのもののスタイルも良くなったのもあって車種によっては“時代錯誤”的になってきたのも確かです。

 

実は、前車のレガシィにも付いていましたが、水が中に入るのとさほどの効果が無いと判断して取り外し経験はあります。

 

 

スイフトはあってもよかったんですが、サイドバイザーの角の部分の塗装が剥がれて挙げ句に錆が・・・。

 

 

これはいかん!ということで取り外しを敢行しました。

 

用意する道具

 

外し方ですが、最低限この道具が無いとと外すことは困難です。

シールはがし用の糸。

 

 

釣り用の”テグス”でも代用できますが、小魚用の3号だったりイカ釣り用の30号から50号だったりマグロ釣り用の太い130号とまちまちなのと、グリグリとしながら剥がすのでカー用品コーナーで売られているアラミド繊維のものがいいかとおもいます。

 

ゴムトレーサー

 

電動インパクトドライバーに付けるシールの糊を剥がす消しゴムです。

 

これが無いと剥がすまで苦労します。

 

内装剥がし

 

 

 

ドアに挟んでいるバイザーのクリップを取るために絶対必要です。

 

ブレーキクリーナー

ドアのピラー部分のステッカーや細かい部分のトレーサーでは剥がせない場所で絶対必要です。

 

これらはバイザーだけではなく車イジリでも活用できるので揃えておいても絶対損はしないと思います。

 

これに、適当な古着を切ったウエスを数枚用意してようやくサイドバイザーの取り外しが出来ます。

 

用意してない方は下にリンクを貼っておくので購入をお願いします。

 

 

 

バイザー外し 実行

 

用意ができたので外します。

 

まずは、バイザーのテープの面を糸でグリグリとゆっくりテープ面に沿って浮かせるように剥がします。

 

車によってはクリップが邪魔になりますが、残して保管やヤフオク等で売却するのであれば内装剥がしを使ってドアと窓のゴムの間を内装剥がしを使って慎重にクリップを外します。

 

今回は破棄前提なのでお構いなしで外します。

 

外すとこんな感じになります。

 

この調子で運転席側も外します。

 

運転席側も外し完了。

 

投稿者プロフィール

Masa-0328
Masa-0328
Masa-0328です。
5年ほどトヨタのKP61、AE86、AE92と経てスバル車へ。
GC8インプレッサWRXを2台。BL5レガシィ2.0Rと所有して今現在はスズキスイフト1200ハイブリッドAWDに乗っています。
本ブログでは、愛車の整備記録と気になる新車情報、車関連ニュース。
新車、代車試乗インプレッションを中心に投稿したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました