IOS 14.5.1に更新 遂にApple Carplayの音割れが解消!

apple
スポンサーリンク

かなり重要な事とのことなので早速iPhoneと同時に持っているアップル製品を全てアップデートしました。

 

Car Playでの使用

 

そこで、普通に車に乗りiPhoneを接続。

普通にCar Playを使用してマップ(Google Map)と音楽(YouTube Music)を使ってみたところ・・・。

 

 

 

 

音割れしなくなりました!

 

普段ならSiriのボタンを押したりソースを変えたりして一曲聴いてはこれを繰り返していました。

 

しかし、15分経っても30分経っても音割れは一切しない!

 

5曲聴いても10曲聴いても音割れ現象が無くなりました!

 

Appleの純正ミュージックでもYouTubeMusicでもSpotifyでもです。

ラジオのrajikkerでも音割れしていません。

 

私はインストールしていませんが、

Amazon、LINEミュージックも大丈夫だと思います。

 

ただし、なぜ音割れが無くなったのかは一切不明です。

IOS14でも14.4までは音割れは起こっていましたから。

純正ナビのアップデートをしたのでは?と疑われそうですが、

ハーマン製のスズキの純正ナビのアップデートは2019年を最後に更新はありません。

 

真相は闇の中と割り切っておきましょう。

 

 

普通のことが普通に出来る喜び

 

 

 

とはいえ、音割れが無くなったのには安心しました。

 

普通に車を運転して普通に音楽を聴いて適度な速度で走る。

今まではこれが出来なかったですからね。

最悪、ヘッドユニットの交換も検討していました。

しかし、世界的な半導体不足でいざ買い換えようにも値段とカメラやETC2.0を活かすユニット等を合わせると相当なコストになっていたでしょう。

それが、Apple側のOSのアップデートで解消されたのは非常にありがたくかつコスト的にも大きな節約になりました。

 

スズキの純正ナビをお使いの方へ

最後に。

スズキの旧型ハスラー、スペーシア、ソリオ、2017年夏までの現行型イグニス、スイフトで全方位カメラ付きの純正ナビをお使いの方でiPhoneを使っている方は是非IOS14.5.1にアップデートすることを強くお勧めします。

既に、ハーマン製の純正ナビはサポートすらありません。

理由は、トヨタとの連携であってトヨタ=Panasonicのナビに移行してしまったからです。

これは、マツダも同様ですが、マツダはそれでも頑張ってハーマン製のマツコネを更新しています。

スズキの場合、簡単に言うなら“完全に切られた”ようなものなので、乗り換えまで我慢して使う必要があります。

こうなるとどうしようもないので、ナビ等はCarPlayといったスマホリンクで使用する必要が生じてしまいます。

採用してるんだから責任を持って対応すればいいんでしょうがね。

これが会社の体質なんでしょうね。