スバル レガシィ(BP/BL)D~F型の車両自己診断データ

スポンサーリンク

・ 上記手順2)~4) を10秒以内に行う
・手順中のオド/トリップメーターノブを4回押した場合は,DTC表示モードに移行する
・自己診断機能が作動すると警告灯,インジケーター,LCD表示チェックが行われ,以後オド/トリップメーターノブを押すごとにメーター,照明,ブザーの順で作動チェックを行う
自己診断機能を解除するにはイグニッションスイッチをOFFにする
・診断時にエンジンを始動しても,自己診断機能はキャンセルされないが,車両を走行させると安全のため自己診断機能は自動的に解除される
警告灯,インジケーター,照明,LCD,ブザーの作動確認)を行うことができる

1.イグニッションスイッチをON後,3秒以内にライティングスイッチをテールランプあるいはヘッドランプ位置にする
2.オド/トリップメーターノブを4回押す
3.ライティングスイッチをOFFにし,オド/トリップメーターノブを4回押す
4.再びライティングスイッチをテールランプあるいはヘッドランプ位置にし,オド/トリップメーターノブを4回押す。

【DTC表示モード】

以下の手順でコンビネーションメーターの自己診断(各メーター,警告灯,インジケーター,照明,LCD,ブザーの作動確認)を行うことができる

1.イグニッションスイッチをON後,3秒以内にライティングスイッチをテールランプあるいはヘッドランプ位置にする

2.オド/トリップメーターノブを4回押す

3.ライティングスイッチをOFFにし,オド/トリップメーターノブを4回押す

4.再びライティングスイッチをテールランプあるいはヘッドランプ位置にし,オド/トリップメーターノブを4回押す

・上記手順2.~4. を10秒以内に行う
・診断時にエンジンを始動しても,自己診断機能はキャンセルされないが,イグニッションスイッチをOFFにする,または車両を走行させると安全のためDTC表示モードは自動的にキャンセルされる
・DTC表示モードが作動すると,3秒間ごとに表示変更される,またはトリップノブを押すごとに,{ECU},{TCU},{ABS/VDC}の順に繰返し表示される
またコントロールユニットの種類,DTCを受信中,DTCがある場合,故障無しの場合によって表示される
・DTC表示は過去故障が表示される
各コントロールユニットのDTCが現在故障から過去故障となり不具合が解消された後,3回以上エンジン始動を行うとコンビネーションメーターにはDTCが表示されなくなる

【通信エラーコード】

Er IU 統合ユニット内異常
Er −− 高速/低速CAN通信同時異常
Er HC 高速CAN通信異常
Er LC 低速CAN通信異常
Er EG EGI通信異常
Er TC TCU通信異常
Er Ab ABS/VDC通信異常
Er SP ABS/VDC故障コード情報、車速パルス異常
Er SS 車輪速データ異常
Er Pd パワーウインドウコントロールユニット異常

【DTC表示】MIDなし

ECU トリップ「A」+「P xxxx」
TCU トリップ「B」+「P xxxx」
ABS/VDC トリップ「A」+「C xxxx」
CAN通信エラー 「—–」
DTCなし xxxxが—-

【DTC表示】MIDあり

ECU 「P xxxx」
TCU 「P xxxx」
ABS/VDC 「C xxxx」
CAN通信エラー 「—–」
DTCなし xxxxが—-