スズキ スイフト 現行型 を輸出仕様にする

スズキ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現行型スイフトを輸出仕様にする

 

スイフトも現行型になってから1年半が経ち、私の車も5万キロを突破。

スイスポも販売されたの機にパーツも続々と出てきていますね。

でも、そこそこの歳になって色々パーツを付けるのもなんだか子供っぽい。

スイフトという車はいい車ですが、純正状態を維持しつつ他とは少し違う車にはしたいもんです。

そこで、考えたのが、“輸出仕様”

スイフトの場合、アメリカ合衆国、カナダの北米地区以外の地域で輸出されています。

その中で、一番ベターなのが“欧州仕様”にしようかと考えました。

まずは輸出仕様とはなんぞや?と思っている方もいるでしょうから軽く説明します。

輸出仕様とは?

輸出仕様とはその国々に合わせた仕様といいます。

中にはその車の名前そのものを変更してる車もあります。

例として最近は名前を統一しましたが、マツダのデミオは日本国内の名称です。

これが欧米、中東、中華圏、豪州では“MAZDA 2”に。

トヨタのアクアだと“PRIUS C”になるんです。

赤色のマーカーは日本人ではおなじみの名前ですが、黄色のマーカーの名前に替えるとそのオーナーや車好きは絶対“おっ!”っとなりますよね。

更に、アメリカ仕様に多いですが、フロントとリアに反射付きで夜間に点灯するサイドマーカーがあったりと微妙に違いがあったりします。

この輸出仕様は完全なメーカー純正部品なので品質も確かですし、人と違った感じに魅せるにはベターなカスタマイズなんです。

ただ、この世界も奥が深くて突き詰めると凄いことになりますw

みんカラでですが、初代日産ティアナの韓国仕様(ルノーサムスンSM5)にしたり三菱のデボネアV、プラウディアのヒュンダイ仕様なんてのも居ますからね。

何事も適度にやるのがいいと思います。